キャッシングが難しくなる3つの貧乏の特徴

キャッシングベスト3

同じ貧乏でもこれがNG!キャッシングが難しくなる3つの特徴!

あまり景気のよい話が聞かれない世の中ですよね。この世の中にあっては、「ウチは貧乏で」という家庭の方が多いかもしれません。働いても働いても生活が楽にならず、常にお金の悩みを抱えている人も多いのではないかと思います。お金、いくらあっても足りませんよね(笑)。

そういうときの強い味方がキャッシングであるように思われるでしょうか?もちろんそうなのですが、意外と貧乏人とキャッシングは相性がよくなかったりもするのです。キャッシングは収入がある人が一時的に動かせるお金を増やすためなどに使うのには向いているものの、そもそも基本的収入からして怪しい人がどこまで使えるかは未知数なのです。貧乏で苦しんでいる人がキャッシングに申し込んでも、すげなく断られることも多いと覚悟しておきましょう。

ただ、「お金に困っている」という貧乏状態にはまっていると、キャッシングはすべからく利用できないというわけではありません。同じ貧乏とはいってもいろいろなタイプがあります。キャッシングにそこまで影響しない貧乏と、如実に相性の悪い貧乏があるのです。キャッシングを利用することが恐らく難しいであろう相性の悪い貧乏はどういうタイプなのか、3つほどその特徴をご紹介しましょう。

1 すでに借金がある

お金がないだけではなく、すでに借金があり、その支払いに追われている関係で常にお金に困っているタイプです。自分の収入の範囲で何とか生活費と返済がギリギリでまかなえていれば多少は望みはありますが、すでに自転車操業的な多重債務に陥っており、どこかからキャッシングができなくては明日にも破産しかねないというところまで状況が悪化していると、まともな金融機関ではキャッシングできない可能性が非常に高いでしょう。

2 過去にキャッシング歴があり、そこで大きな返済事故を起こしている

過去にもやはり貧乏で、そのときにキャッシングを利用し、返済事故を起こしてしまっているタイプです。その後、貧乏という状況から抜け出し、キャッシングを考える必要がなくなっていれば何の問題もありません。

しかし、貧乏という状況が依然として続いており、お金がなくて再びキャッシングの利用を考えるのなら、過去にできてしまった返済事故の記録は大きな足かせとなるでしょう。現在の収入もあまり芳しくなく、なおかつ過去に返済事故もあるとなると、心証はかなり悪いと言わざるをえません。

3 安定して長く続いている収入がない

コロコロと転職を繰り返したり、自営業でも開業と廃業を繰り返しているようなタイプです。それが原因で貧乏になっているということは、あまり返済能力が期待できないということです。過去にキャッシング歴があってもなくても、このタイプの心証はあまりよくはありません。過去にいっさいキャッシング歴がないのであれば、場合によっては借りられる可能性もないわけではありませんが、やはり審査を通過できるかどうかは予断を許しません。

長く続いている収入がある方が心証はよいですから、キャッシングを利用したいならできるだけ同じ収入の口を長く保たせる努力をしましょう。過去にキャッシング歴などがないなら、それだけでだいぶ心証はよくなるはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【即日振込み】すぐにキャッシング可能な会社ベスト3を公開します All Rights Reserved.